宇宙人キャラクター紹介パート10

U-タン2こんにちは!U-タンです。自己紹介します。

【どの星から来たのか】地球・いいのまち(宇宙人じゃないのか?www)

【特徴】身長1.6メートル、体重52㎏、好きな食べ物 キウイ、りんご、酒「千貫森」、りんごジュース

【特技】ダジャレを言う。とんちがすばらしい。

Share Button

宇宙人キャラクター紹介パート9

ゴモラみなさんこんにちは、U-タンです。今日も宇宙人の友達を紹介します。

名前は「ゴモラ」です。 ゴモラは、りゅうこつ座のインタ・カリーナ星雲から来ました。 身長1メートル、体重40㎏、食べ物は石炭(炭素)が大好物です。 特技は、口からレーザー光線を出すことです。

話は変わりますが、昨日遂に目撃したんです。「イノシシ」を!!びっくりしました。

国道114号線を夕方車(一応UFOということで)で走っていたら、ただ単にイノシシが横切ったわけじゃなくて、国道をトボトボ歩いていたんです。UFOの速度を落として、こちらに突っ込んでこないよう見ていたら、イノシシも気づいたようで、こちらに向かって走ってきました。止まったほうがいいかなと徐行したとき、サッと車をかわして、側道から山のほうに走り去りました。国道ではヒヅメの音がして、ちょっとビビりました。

心臓がバクバクして、車(UFO)は注意して運転しようと思いました。

Share Button

UFOふれあい館の宇宙人キャラクター

ご当地キャラクターがブームですね。ご当地キャラクター協会によると、ご当地キャラクターの定義は、

・ある特定の地域や、その地域の特産品、観光地、イベントなどをPRする目的で誕生し、活発に活動をおこない、地元愛を持って元気や笑顔溢れる地元活性化を達成しようとしていること。
・イラストではなく実物が存在すること。ただし、人間の皮膚に似た外観が無いこと。

とあります。残念ながら、宇宙人キャラクターはイラストのみで実物は存在しないので、ご当地キャラクターには該当しないようですね。

添付画像の「UFOふれあい館 宇宙人大図鑑」には、UFOふれあい館の宇宙人キャラクターが書かれていて、宇宙のどこから来たのかなどが分かるようになっています。UFOふれあい館には10体のキャラクターがいるんですよ。ちなみに一番人気はわたくし「U-タン」ですが…(ドヤ顔)。

宇宙人キャラクターは、山頂までのUFO道(遊歩道)に石像で出没して、山頂までの道案内をしてくれます。宇宙人キャラクターは缶バッチにもなっていて、UFO物産館で購入できます。

なお、「UFOふれあい館」のツイッターはこちらです。更新時を「UFOの里ブログ」の更新時をお知らせしていますので、御活用ください。 https://twitter.com/info_ufo

宇宙人大図鑑(参考)

 

Share Button

宇宙人キャラクター紹介パート8

デカタンみなさんこんにちは、U-タンです。今日も宇宙人の友達を紹介します。名前は「デカタン」です。デカタンは、はくちょう座の二重星アルピレオから来ました。

身長2メートル、体重5トン、食べ物はシリカ(岩石)が大好物です。特技は、移動するとき、ドシーンドスーンと地鳴りを起こすことです。

話は変わりますが、昨日(11/5)、福島市飯野町の「街なか活性化委員会」に出席してきました。この街なか活性化委員会とは、その名のとおり、福島市飯野町を更に活性化させる目的で行われる委員会です。

議題が終わり、委員会終了後の懇親会になったとき、この「UFOの里ブログ」の話になりました。最近マンネリ化していたので、他の方の意見を聞けるっていいですよね。

その中で、Sさんに、ブログの訪問者数(アクセス数)を上げるのに、Twitterを使ってブログに誘導してみてはどうかなどのアドバイスをいただきました。正直、ブログもTwitterも一緒と思っていた私としては、関心すると同時に、何か新しいものにチャレンジしたいなと思わせてくれる1日でした。Sさんありがとうございました。

Share Button

宇宙人キャラクター紹介パート7

チーミーみなさんこんにちは、U-タンです。今日も宇宙人の友達を紹介します。今回紹介するのは、名前は「チーミー」です。

チーミーは、とも座の散開星団M46から来ました。

身長2.5メートル、体重30㎏、食べ物はヘリウムが大好物です。

特技は、空中をふわりと飛び歩くことと、ゲラゲラとよく笑うことです。

話は変わりますが、以前、「星さんと日本空飛ぶ円盤研究会」という記事を書きました。「UFO同窓会」で、SF作家の星新一さんが「私が今日あるのは荒井さんのおかげです。」と語ったというところを読んで、荒井さんはさぞかしうれしかっただろうとちょっと胸があつくなりました。

荒井さんが「日本空飛ぶ円盤研究会」を立ち上げ、円盤研究とは程遠い作家志望の方が入会しているところも少し面白いところでありますが、もし、星新一さんがこの会に入会しなかったら、人生は変わっていただろうし、出会いって大事だなと感じました。

Share Button

宇宙人キャラクター紹介パート6

デカメダみなさんこんにちは、U-タンです。今日も友達の宇宙人を紹介します。今回紹介するのは、名前は「デカメダ」です。

デカメダは、一角獣座のばら星雲から来ました。

身長3メートル、体重は130㎏、食べ物はブルベリーが大好物で、特技は1000光年まで見ることができることです。

Share Button

ホプキンスビル事件

s-ホプキンスビル2未亡人グレーニー・ランクフォードとその息子のエルマー・ラッキー・サットンがアメリカケンタッキー州ホプキンスビルの農場を借りていたことから、友人やその子供たちがその農場を訪れました。

その中の一人、ビリーテイラーは、1955年8月21日午後7時ごろ、家の外の井戸に水汲みに出かけたとき、さまざまな色の光を虹のように発光したUFOを目撃しました。ビリーは、農場に戻ってその話をしましたが、流れ星だろうと、誰も取り合ってくれませんでした。

それから1時間後、犬のけたたましく吠え、ビリーとサットンが銃を携えて外の様子をうかがうと、宇宙人が農場に接近していました。

宇宙人は身長1メートル、大きな頭で髪は1本もなく、黄色い目で人間よりもずっと大きく、耳は巨大で、象のような耳でした。

6メートルほど接近したとき、ビリーとサットンは宇宙人を銃撃しましたが、宇宙人はピョンと跳ねてとんぼ返りし、普通は2本足で歩行しますが、銃撃されると4本足になってものすごいスピードで逃げ去りました。そのときの時間は、午後11時ごろでした。

参考文献 グリーンアロー出版社 宇宙人大図鑑

Share Button

緑色した8本指の小人ヒューマノイド

s-ヒューマノイド2SF作家で画家として有名なヨハニスは、地質学が趣味で、余暇はほどんどその調査研究にあてていました。1947年8月14日、イタリアとユーゴスラビアの国境近くの山の中をハイキングしていたとき、50メートル前方に鮮やかな赤い色をした大きな凸レンズ型のUFOが着陸しました。

UFOの高さは6メートルくらいで、木立ちに隠れていたところ、2人の少年を見つけて、UFOを指さして大声で叫びながら彼らに近づいていきました。だが、彼らは少年ではなく、宇宙人でした。いわゆる「ヨハニス事件」です。

ヨハニスはピッケルを持って、宇宙人に「お前らは誰だ。」と怒鳴ると、宇宙人は威嚇されたと思い、ベルトから蒸気のような光線を放出され、ヨハニスは電気ショックを受けたように昏倒し、ピッケルは彼の手からすっ飛びました。

数分後、UFOは垂直に上昇して、やや機体を傾けながら小さくなっていきました。そのときの時間は、午前9時14分でした。

参考文献 グリーンアロー出版社 宇宙人大図鑑

Share Button

フラットウッズ事件

s-フラットウッズ2アメリカのフラットウッズという人口300人の小さな村で、フットボール場で遊んでいた兄弟とその友達5人が、1952年9月2日、日没から30分ほど経過した午後7時15分ごろ、「隕石」が頭上を通過して近くの谷に落下するのを目撃しました。

子供たちは落下物を追って丘に向かい、兄弟の母親も一緒に行きました。70メートルぐらいまで近づくと、その物体は脈動しており、直径7.5メートル、高さ1.8メートルほどあり、その周辺には悪臭が漂っていて、みんな目が潤み、鼻がヒリヒリしました。

そして、山に立ち込めいている霧を通して、身長3~5メートル、胴体が大きく、顔が血のように赤いモンスターを目撃したのです。

宇宙人は、地面をふわふわ浮かびながら移動し、奇妙な悪臭のガスを放っていて、目撃者たちは吐き気を覚えました。1時間後、保安官が現場に来たときは、宇宙人の姿はありませんでしたが、あたりには悪臭が漂っていました。

福島市飯野町の「UFOふれあい館」にいるモンスターは悪臭は出さないと思います。

参考文献 グリーンアロー出版社 宇宙人大図鑑

Share Button

宇宙人キャラクター紹介パート5

メイラみなさんこんにちは「U-タン」です。今日も宇宙人の友達を紹介します。今日の宇宙人は「メイラ」です。メイラは、さそり座の球状星団M4から来ました。身長は1.7メートル、体重80㎏、好きな食べ物はアミノ酸、特技はテレパシーで地球人と話せることです。

昨日、福島市飯野町にある「UFOふれあい館」に、東京から男性の方が来館されました。以前、イギリスのミステリーサークルを観光で見学したことがあるとのことで、ミステリーサークルの規模や現状等を教えていただきました。生の声が聴けるというのは良いことだと思っています。またの御来館をお待ちしております。

Share Button