UFOふれあい館を御利用ください

「UFOふれあい館」

その形から「古代ピラミッド説」や「UFOの基地説」も語られるミステリアスな山「千貫森」にある多目的施設で、UFO関係の資料を約3,000点所蔵しています。

立体映像シアターも必見で、2階には、展望風呂と休憩室が完備されています。

また、パノラマ食堂(UFO物産館)、UFO広場等も整備され、古くからある小手神社や謎の巨石群と合わせて、ミステリー体験が楽しめます。

「営業時間・定休日」

午前9時から午後5時まで
毎週月曜日(ただし祝日の場合はその翌日)

電話:024-562-2002
入場料:大人400円、小中学生200円(展望風呂の入浴料込み)

「場所・アクセス」

福島県福島市飯野町青木字小手神森1-299

JR福島駅東口→JRバス川俣高校前行きで30分、バス停:UFOの里下車、徒歩7分 東北道福島西ICから国道115・114号経由15km30分

● UFOの里ホームページ http://ufonosato.com/

● UFOふれあい館公式ツイッター https://twitter.com/info_ufo

Share Button

ラーメン大好きっ子

Share Button

福島県で宇宙人と遭遇⁉︎UFOふれあい館の激ウマラーメンとは⁉︎

御利用ありがとうございました。また、YouTube等でUFOふれあい館等を取り上げていただきありがとうございました。

Share Button

四季の里でウルトラマンステッカーをゲットする方法

四季の里に行って、ウルトラマンARスタンブラリーをしてウルトラマンステッカーをいただいてきました。

折角ですので、ウルトラマンステッカーの取得方法を説明したいと思います。

まず四季の里の入り口のウルトラマンARスタンブラリーのポスターのQRコードから専用のアプリをダウンロードします。

次にアプリリストから四季の里コースを選択しますと、三か所の撮影スポットが表示されます。

例として、じゃぷじゃぷ池を選択すると、四季の里内の風景が表示されるので、その場所に行って撮影することになるのですが、橋が写っていましたので、入り口から西側に移動すると橋がありました。

同じように三か所すべて撮影してみてください。すべて撮影するとコンプリートになります。

そしたら四季の里内にある工芸館に行って、受付の女性にウルトラマンのステッカーのことを告げますと、アプリ内のスタンプのアイコンを押して見せてくださいと言われます。

それを受付の女性に見せるとウルトラマンステッカーをゲットできます。

このステッカーをお持ちになってUFOふれあい館にお越しください。ジュースをもれなくプレゼントします。

 

私が撮影したときは、こんなバルタン星人が出てきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share Button

UFOふれあい館にはお宝がいっぱい?

このブログ記事の下に添付した画像は、日本経済新聞様の令和2年10月22日付けの新聞記事です。内容は、三島由紀夫さん50年後の問いということで特集を組まれているようで、3回目の連載になっています。

この新聞は、日本経済新聞の御担当様から、UFOふれあい館が当該新聞記事に協力したことで送っていただいたもので、何を協力したのかは割愛しますが、三島由紀夫さんの美しい星は異色作とされ、UFO研究家荒井欣一氏の日本空飛ぶ円盤研究会に三島さんが入会していたことが、この小説に影響を及ぼしたことはほぼ間違いないでしょう。当時、既に三島さんは著名人で、三島さんから入会の電話があったときのエピソードを荒井さんは記しています。UFOふれあい館には、荒井さんが所有していた美しい星の単行本もあるのですが、この本は、荒井さんにとってすごく嬉しかったのではないかと想像してしまいます。

小説家の星新一さんもまた日本空飛ぶ円盤研究会の会員でした。まだ作家ではないときに円盤研究会に入会されたのですが、同じく円盤研究会の会員だった柴野拓美氏が創設した「科学創作クラブ」のメンバーになられ、「セキストラ」が大下宇陀児氏に認められて、一躍文壇に乗り出されたわけです。要するに、円盤研究会がなければ、作家にはなっていなかったとも言えるのです。

昭和51年9月23日、「UFO同窓会」が霞が関ビル35階の天星苑で催されました。集まったのはUFO愛好会約50名。その中には元「日本空飛ぶ円盤研究会」の会員が多くいたこともあり、星新一さんが冒頭の挨拶をすることになったのですが、その挨拶が「私が今日あるのは荒井さんのおかげです。」という言葉だったのです。

晩年、雑誌の対談でお二人は昔を懐かしむように、今はUFOと言っているが私たちの頃は空飛ぶ円盤と言っていたと話されています。

UFOの番組を作りたいと時々制作会社の方からCIA秘密文書やJALの寺内機長さんのインタビューテープのことについての問い合わせがあるのですが、これら以外にも日本空飛ぶ円盤研究会にはUFOがつないだ男たちの友情というドラマがあるのです。

こうした企画も皆様に伝えられたら面白いかなと思っていますし、マスコミ等の方々の取材にも対応していきたいと考えていますので、UFOふれあい館をお見知りおきくださいますようお願い申し上げます。

UFOふれあい館にはまだまだお宝がいっぱいある?

(参考文献)日本経済新聞令和2年10月22日付け

 

Share Button

UFO物産館では、Go To Eatキャンペーン福島プレミアム食事券がご利用いただけます

Share Button

こちらはダブル地鶏ラーメンがおすすめです

この投稿をInstagramで見る

福島県福島市にあります UFO物産館に行って来ました✨ こちらはダブル地鶏ラーメンがおすすめです✨ そのラーメンを石の器に入れたものが ピンカラ石ラーメンです! 醤油、塩、飛び魚から味が選べます✨ 今回は飛び魚味にしました✨ 2つの地鶏からとったスープに飛び魚の風味がしてバランスの良いスープに仕上がっております✨ あっさりの中にもコクがあります✨ 麺もスープの絡みやすい麺を使っていてバッチリです! とってもワクワクするお店でお土産も販売してますので ぜひ行ってみてくださいね😊 ごちそうさまでした✨

うじいえじゅん(@ujiie_jun)がシェアした投稿 –

Share Button

UFOふれあい館のJAふくしま未来「日和ジュース」プレゼント企画のチラシができました

Share Button

四季の里コース達成ステッカーでJA日和ジュースをプレゼント

2020年9月1日(火)~11月30日(月)まで福島県内で福島県主催のウルトラマンARスタンプラリー2020inふくしまが開催されています。

このイベントは、全12コースが設定されており、スマホでコース内の撮影ポイントで撮影するとウルトラマンのステッカー等がプレゼントされるものです。

ステッカーの取得方法は、公式ホームページを御覧いただきたいのですが、四季の里もこのコースの一つとされていて、四季の里で取得したステッカーをUFOふれあい館に入館される際に提示していただくとJA日和ジュースをプレゼントします。

簡単に言いますと、せっかく福島市に観光に来たのだから、四季の里で観光してウルトラマンのステッカーを取得したら、UFOふれあい館にも寄ってもらってJAのジュースを飲んでくださいという企画です。

【プレゼント方法】

・プレゼント引換施設である四季の里工芸館で取得したオリジナルステッカーをUFOふれあい館に入館の際に提示してください。(四季の里のステッカーはウルトラマンです。四季の里のステッカーのみとさせていただきます。)

・ステッカーを提示していただいた団体の方全員に当該ジュースをプレゼントします。例 ステッカー1枚、親子三人で来館⇒ジュース3本。だたし、ステッカーが複数枚の場合でも一人1本です。

・ジュースの種類は、りんご、なし、ももの3種類です。この中から好きなものをお選びいただけます。

・在庫がなくなり次第終了します。

Share Button

お客様の流れが変わったシルバーウィーク

令和2年9月19日(土)から22日(火)までのシルバーウィークは、UFOふれあい館も多くのお客様に御利用いただきました。

20日の日曜日が最も多く181人で、トータル471人でした。このうち福島県外のお客様が43.5パーセントを占めました。

20日の日だけでみますと、最も多かった都道府県のお客様は、宮城県の16人で、以下順に埼玉県、山形県、新潟県、東京都でした。

これまでは、自治体からの県境をまたいだお客様の利用自粛要請等があったことから、福島県内のお客様が目立ちましたが、シルバーウィークを機にお客様の流れが変わったように思います。

10月からは、東京都もGOTOキャンペーンに加わることから、更なる感染予防対策が必要になると考えます。

UFOふれあい館では、施設の入り口に手指アルコール消毒及び感染予防シートを設置しています。

そこで、お客様にはマスク着用をお願いいたします。また、発熱や風邪等の症状のある方、体調不良の方の御利用はお控えください。

さらに、三つの密を避けること、シアタールーム内での会話を控えること、咳をする際は咳エチケットを心掛けることなどの御協力をお願い申し上げます。

Share Button

答えは、プレアデス星団から飛来するUFOから降り立つ太った宇宙人

UFOふれあい館のツイッターに載せた宇宙人は、プレアデス星団から飛来するUFOから降り立つ太った宇宙人でした。

UFOふれあい館に来られているお客様なら答えは簡単でしたね。

おなかが出た風貌が愛くるしい感じがします。

このプレアデス星団から飛来するUFOが形づけられたのは、スイス人のビリー・マイヤーという人からでした。

1975年1月28日。スイスの田舎町ヒンウェルの農夫エドワード・ビリー・マイヤー氏とフレアデス星人とのコンタクトが始まりました。

今までに130回以上のコンタクトがあり、数百枚にのぼる写真や8mmカメラの撮影、録音、テープ等の貴重な証拠があるとされています。

UFOふれあい館に展示されている模型には、縮尺10分の1で定員3名と書かれています。

今日からシルバーウィークです。多くのお客様の御来館をお待ちしております。

 

Share Button