UFOふれあい館を御利用ください

「UFOふれあい館」
その形から「古代ピラミッド説」や「UFOの基地説」も語られるミステリアスな山「千貫森」にある多目的施設で、UFO関係の資料を約3,000点所蔵しています。

立体映像シアターも必見で、2階には、展望風呂と休憩室が完備されています。

また、パノラマ食堂(UFO物産館)、UFO広場等も整備され、古くからある小手神社や謎の巨石群と合わせて、ミステリー体験が楽しめます。

「営業時間・定休日」
午前9時から午後5時まで
毎週月曜日(ただし祝日の場合はその翌日)

「アクセス」
JR福島駅東口→JRバス川俣高校前行きで30分、バス停:UFOの里下車、徒歩7分 東北道福島西ICから国道115・114号経由15km30分

● UFOの里ホームページ http://ufonosato.com/

● UFOふれあい館公式ツイッター https://twitter.com/info_ufo

Share Button

花を巡るドライブ。最後は、飯野の花やしき。この場所は、ツイッターがなければ知らなかった場所。花見山はスルーしましたが、同じぐらいの綺麗さでした。まだ、飯野は桜が散り初めぐらいだったし良かった

Share Button

看板から顔を覗かせてるのは…宇宙人!?目撃情報多数の“UFOの里”にある「UFOふれあい館」 – BIGLOBEニュース

Share Button

看板から顔を覗かせてるのは…宇宙人!?目撃情報多数の“UFOの里”にある「UFOふれあい館」 – エキサイトニュース

Share Button

日曜日にソメイヨシノの開花宣言をしたにもかかわらず、千貫森の桜はあっという間に満開になりました

Share Button

福島・UFOの里:本格ラーメン評判 一押しは「飛び魚」

Share Button

月の裏側について

ある番組で、月の裏側が地球から見られないのは、月が自転をしないためと説明してしまい指摘を受けたとのことです。正解は、地球からは月の裏側が見えないのは、月の自転と公転の周期が同じになっているということなのだそうです。(この番組のヒントは、以前、取材のオファーがあって、その後キャンセルになった番組です。だから気になって記事を読みました。)

ところで、月の裏側と言えば、日本空飛ぶ円盤研究会です。月の裏側は、1959年、ソ連の月探査機ルナ3号が初めて観測しました。その後、月の裏側の写真が発表されたのです。その際、当該研究会名で「月の裏側写真発表に際して」という文書が公表されました。

その内容はこちらです。↓

http://ufonosato.com/blog/?p=888

想像していただきたいのは、それまで誰も月の裏側を見たことがなかったということです。それに加えて、当時のUFO研究家の方の中には、アダムスキーの本に影響されて宇宙に興味を持った人も多くいました。

アダムスキー氏によれば、月には水も空気もあり、裏側には大森林地帯や湖や川もあり、動物もいて、多数の人類が住み、大都市まであるとのことでしたので、それが実際は月の表面はクレーターだらけだったと分かれば、信じていた方は相当がっかりしたのではないでしょうか。

しかし、アダムスキーの体験は、信憑性があるとして、アダムスキーを研究する方は多くいます。それらの方の中には、この月の裏側は捏造された写真であると思っている方もいます。

えっ?私はどちらを信じているかって?それは内緒です。だって月の裏側に大都市があったり、ももりんみたいな「うさぎ」がいたら楽しいじゃないですか。

あなたはどう思いますか?

Share Button

福島市飯野町の千貫森のソメイヨシノ勝手に開花宣言!花見山公園でお花を満喫した後は、UFOでラーメンが定番です

Share Button

純米酒「千貫森」の新酒を入荷しました

Share Button

千貫森を手に入れたので、折角なんでUFOの里で記念撮影(笑)千貫森を千貫森で

Share Button

ラーメン美味しいです!

* デイケアでお花見 ラーメン美味しいです!

Rika.Yさん(@kalokagatia_1yc0)がシェアした投稿 –

Share Button