UFOふれあい館を御利用ください

「UFOふれあい館」

その形から「古代ピラミッド説」や「UFOの基地説」も語られるミステリアスな山「千貫森」にある多目的施設で、UFO関係の資料を約3,000点所蔵しています。

立体映像シアターも必見で、2階には、展望風呂と休憩室が完備されています。

また、パノラマ食堂(UFO物産館)、UFO広場等も整備され、古くからある小手神社や謎の巨石群と合わせて、ミステリー体験が楽しめます。

「営業時間・定休日」

午前9時から午後5時まで
毎週月曜日(ただし祝日の場合はその翌日)

電話:024-562-2002
入場料:大人400円、小中学生200円(展望風呂の入浴料込み)

「場所・アクセス」

福島県福島市飯野町青木字小手神森1-299

JR福島駅東口→JRバス川俣高校前行きで30分、バス停:UFOの里下車、徒歩7分 東北道福島西ICから国道115・114号経由15km30分

● UFOの里ホームページ http://ufonosato.com/

● UFOふれあい館公式ツイッター https://twitter.com/info_ufo

Share Button

御山保育所の園児が見学に来てくれました

本日の福島市飯野町の千貫森は、肌寒いものの日差しがあって穏やかな天気になっています。

そんな中、福島市の御山保育所の園児たちがUFOふれあい館に見学に来てくれました。総勢46名の団体様です。

それはもう館内は大賑わいでした。園児が館内を走り回っている状況で、園児と先生の会話です。

(先生)「はい、写真撮りますよ。並んでくださ~い。〇〇君と〇〇ちゃんはこっちで!」

(園児)「トイレ行きたい。」「宇宙人こわい~(泣)」

(先生)「宇宙人には触らないで~」「ダンボールの乗物は順番、順番~」

(園児)「どうしてこの宇宙人の頭はこっちに回るのに、こっちの宇宙人の頭は回らないの?」

(先生)「??壊れるから触らないで~」

とこんな感じで、先生の大変さが分かりました。

3Dバーチャルシアターを観終わると、「面白かった」という園児が多くいたのですが、内容が少し大人向けなので、本当に内容が分かったのかなと思いながら、「ありがとう」と言いながら3Dメガネを受け取りました。

先生方も「今日、子供たちは一日宇宙人、宇宙人と言ってるわね。」と話をしていました。子供たちの良い思い出になればいいのですが、泣いていた園児もいたので、PTSDにならないことを願うばかりです。

UFOふれあい館は、福島市の施設ですので、福島市飯野ふれあい館条例に基づき、減免の制度があります。「市又は市の機関が主催又は主体となって共催する場合」と規定されており、今日の保育所もそうですが、福島市立の小学校や学習センター等の行事で利用されますと、入館料が減免になります。

詳しくはお問い合わせください。

Share Button

福島の珍スポット、UFOの里で見かけたUFOこけし

Share Button

BS-TBS関口宏のニッポン風土記の取材がありました

本日、9時からBS-TBS「関口宏のニッポン風土記」の取材がありました。

この番組の内容は、東京出身で東京育ちの関口宏さんが若い頃には気がつかなかった地方の歴史や出身者でしかわからない話などを東京にあるアンテナショップや郷土料理店でその地方に詳しいゲストを迎え、郷土料理・民謡や観光ビデオなどを織り交ぜ、取り上げる番組になっています。

この取材があるということでしたので、昨日(11/18)の放送を観たのですが、兵庫県を特集していました。兵庫県の民謡や方言などを出身者の方々に聞きながら歴史を紐解いていくアットホームな番組になっていました。

では福島県はどのような番組になるのでしょうか。小耳に挟んだところ、昨日は、伝説の人物「小原庄助さん」で有名な「瀧の湯」を取材されたそうです。会津の民謡「会津磐梯山」にも登場する「小原庄助さん」ですので、番組の中で民謡「会津磐梯山」が披露されるのかなと個人的に想像しました。本日は、UFOふれあい館の取材後は、福島駅と郡山駅を取材するとのことでしたので、どんな番組になるのか楽しみです。

BS-TBS関口宏のニッポン風土記の放送時間は、毎週土曜ひる12時から12時54分までですが、福島県を取り上げるのは平成29年12月23日と翌年1月6日の予定だということです。

参考まで、取材されるかどうか分かりませんが、福島市の郷土料理の「いかにんじん」を画像で載せてみました。

Share Button

千貫森とUFOの関係について

福島市の南西部飯野町地区の北方にそびえる標高462.5メートルの円すい型の山が「千貫森」です。千貫森を縮小したような同型の山が西隣に並び、この山は、千貫森に対して一貫森という名で呼ばれています。

千貫森には、大昔この地方に大貫坊という雲をつくばかりの巨人がいたという伝説があり、ある時この地に土をいれた「たんがら」(ものを入れて背負う道具)を担いで現れ、その土を空けたのが千貫森で、少し残った土をこぼしたところが一貫森だというのです。このことから、かつては奥州街道を行く旅人の目印とされ「峠山(とうげやま)」「たんがら山」などの多くの名で広く親しまれてきました。

この千貫森には強い磁場があるようで、磁石の方位針が定まらず、南北を指さないポイントが随所にあり、この地は、昔から良質の砂鉄が採取できたと言われていますので、これが要因になっていると考えられ、古い住宅では、床の間の壁の多くが砂鉄で塗られていることからもうなずけます。

そんな千貫森はなぜか昔から発行物体が飛来する不思議な場所だと有名でした。折も折旧飯野町は昭和59年に「サンデー毎日」のグラビアで紹介され、全国的に有名になり、その後の平成元年のふるさと創生事業をきっかけに「UFO」で町おこしをすることになったのです。

では、なぜ千貫森の周辺で多くのUFOが目撃されるのか。

一つ目の仮説として、千貫森のピラミッドのような不思議な形とその地下部分の強力な磁場が関連しており、UFOにとってこの山全体が巨大なパラボラアンテナのような役割を果たしているのではないかと考えています。

二つ目の仮説は、千貫森の中心には北西から南東にかけて、あたかもピラミッドを守るスフィンクスのごとく変わった形の巨石が点在しています。「モアイ石」「船形石」「タイコ石」「くじら石」などと呼ばれるもので方位石もあり、同じ物がエジプトの大ピラミッドでも発見されています。これらの巨石と古くからある古墳・神社などの位置を直線で結んだ場合に見出される規則的な配列ことをレイラインと言い、イギリスの考古学者によって発見され、このライン上ではUFOが目撃されると言われています。

千貫森とUFOの関係を解明するには、これからも様々な調査をしていく必要があります。しかし、UFOが存在するならば、そのヒントをこの山のどこかに残してくれているはずです。

Share Button

UFOふれあい館のお客様調べ(都道府県別ラインキングトップ10)

(U-タン)皆様、こんにちは「なんでもランキング」のお時間がやってまいりました。司会のU-タンです。今回は、福島市飯野町にあるUFOふれあい館のお客様は福島県外からよく来られるということで、それをランキングにしてみました。

本日のゲストは、歌手の狩人さんとUFOふれあい館をこよなく愛す。ツイッターのハンドルネーム「仁丹」さんにおいでいただきました。

(U-タン)仁丹さん、こんにちは。いつもツイッターの「いいね」ありがとうございます。

(仁丹)こんにちは。いいね(え)、どういたしまして。(笑)

(U-タン)いよいよUFOふれあい館のランキング発表のお時間ですが、その前に、お客様にUFOふれあい館を知っていただくのは、インターネットの普及やマスコミの影響だと思われます。そこで、平成29年の上半期にUFOふれあい館がマスコミ等の方々に取り上げていただいた状況をまずは振り返ってみましょう。

(仁丹)じらしますね。

(U-タン)6月7日(水)に放送された福島中央テレビの情報番組「ゴジてれChu!」では、テレビ新潟とつないで観光情報などのお国自慢をして、この中でUFOふれあい館が紹介されたり、7月29日(土)のテレビユー山形のどよまんでは、福島県を特集するという企画で、会津鶴ヶ城、UFOふれあい館、福島市元祖円盤餃子の店「満腹」を巡る旅が放送されました。テレビ以外では、新潮45の9月号にノンフィクション作家の高橋秀実さんが連載されている「めくるめくパワースポット」で取り上げていただきました。

また、直接、UFOふれあい館には関係はないのですが、日本テレビの24時間テレビの福島県の中継がよしもと芸人のギャンブルグルーヴによって行われ、オープニングはUFOふれあい館からの中継から始まりました。仁丹さんも芸人好きだと聞いていますが…。

(仁丹)そうなんです。その日のUFOふれあい館の中継も見に来ましたし、翌日は、郡山のビックパレットでイベントが行われたのでそれも見に行きました。ペンギンナッツさん等のコントなどもあって楽しませてもらいました。

(U-タン)それでは、UFOふれあい館のお客様調べ(都道府県別ラインキングトップ10)の発表です。一気に発表します。

第1位 宮城県
第2位 東京都
第3位 山形県
第4位 神奈川県
第5位 埼玉県
第6位 茨城県
第7位 栃木県
第8位 千葉県
第9位 新潟県
第10位 岩手県

(U-タン)仁丹さんはこのランキングどう見ますか?

(仁丹)福島県の隣県が上位を占めると思っていましたが、2位の東京とか神奈川、埼玉が入りましたね。宮城県は福島間の高速バスがありますので、交通の便が良いのだと思います。

(U-タン)このデータは、平成29年の4月から9月までなのですが、北海道から沖縄県までのお客様がいて、入ってないのは8県のみなんです。これもスゴイことだと思います。詳細はこちらをどうぞ。UFOふれあい館のお客様調べ(都道府県別ラインキング)

(U-タン)仁丹さん、本日はお忙しいところありがとうございました。最後はいつものフレーズでお別れしましょう。

(U-タン・仁丹)それではみなさま、さようなら、閉店ガラガラ!

備考

この数値には、ラーメン等を提供しているUFO物産館の客数は含まれていません。

Share Button

【福島】まさかの遭遇! UFO珍スポットの食堂に、激ウマ地鶏ラーメンがあるなんて

Share Button

食指が動く映画

最近はテレビ番組を録画したものを観たり、YouTube等の動画を観たりして、テレビをリアルタイムで観ることがほとんどなくなりました。番組を見逃した人のための民放が連携した公式テレビポータルTVer(ティーバー)もよく利用しますので、こうした時代の流れに対応したものだろうと考えています。

そして、これは私だけなのかもしれませんが、いつでも観れるという状況にあると、その番組に興味が湧かないと途中で中断することがある反面、その番組に食指が動くと、同じ番組を数回繰り返し観る機会も多くなったような感じがします。

先日、映画の話をしましたが、私は、時空を超えてタイムスリップ(トラベル)する映画にも興味があったりします。1位から3位まで上げるとこんな感じです。

1位は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」です。3部作まである作品ですが、タイムトラベルの分かりやすさや過去にあった両親の恋愛の邪魔をしたことで、未来の自分の存在がなくなるストーリーも面白く、実際に未来を変えられたらいいなと思わせる映画でした。

2位は、「君の名は。」です。タイムスリップするアニメ映画だと分からないで観たため、何度か繰り返し観てその良さを知りました。最後にお互いの名前を忘れてしまい、君の名前は、君の名前はと呼び続けるところは感動ものです。

3位は、「インター・ステラー」です。これを日本語に訳すと有人惑星間航行というようで、日本語だと内容が想像しやすいと思います。他の惑星に人が住めるところを探しに行くのですが、相対性理論の理解が少し必要で、惑星によってそれぞれ時間の流れが遅くなったりするため、地球に戻ったときは浦島太郎になっていまうという話です。要するに主人公と娘の不思議な力によって未来の世界に戻れることになるわけです。

はじめは農場のおじさんが突然宇宙飛行士になるのかとそんなにのめり込むことはありませんでした。しかし、ホーキング博士の人類は100年以内に滅んでしまうという警告の記事を読んだときに、この映画を思い出し、数回繰り返し観たら、いつかインター・ステラーが実際に計画されると思い、この映画をリアルさを感じて面白くなりました。

何億光年離れた場所からUFOは地球に飛んできます。このUFOの宇宙人から地球が滅亡する100年が経過する前に人類が住める惑星を教えてもらうことを願うばかりです。

Share Button

宇宙人のUTがラーメンウォーカーの目に留まった

2017年ユーキャン新語・流行語大賞のノミネートされた30語が発表になりました。インスタ映え、ユーチューバー、忖度(そんたく)などです。今年は大賞に何が選ばれるのでしょうか。

ゲストが出席しやすいものが選ばれやすいと聞いたことがあるので、「35億」のブルゾンちえみさんとか、史上最年少棋士の藤井聡太四段が巻き起こした「藤井フィーバー」が考えられますが、個人的には、会話の中でツッコミを入れたくなるときに使える元衆院議員の暴言「ちーがーうーだーろー!」が全国的に広まった感じがしました。

ところで、先日、UFOふれあい館の宇宙人のUTがインスタ映えするとの話をしました。その話にラーメンウォーカー様の目に留めていただき、ラーメンウォーカーのウェブ版で宇宙人のUTを紹介してくれるそうです。

この宇宙人のUTは、平成14年11月に、日清が「カップヌードルすごいぞUTフィギュアプレゼント!」キャンペーンを行い、当時合計1万名様にプレゼントしたものです。そして、その当時プレゼントされた福島県白河市居住のA・T様にこれを寄贈していただきました。

そう考えると、ラーメンウォーカー様と宇宙人のUTは、ラーメン繋がりがあるわけです。なんか不思議な縁を感じます。宇宙人のUTがUFO物産館(パノラマ食堂)のキャンペーン宇宙人になって、パノラマ食堂のラーメンが飛ぶように売れたらいいなと考えています。

Share Button

UFOふれあい館👽 意外とすごく楽しかった

Share Button

UFOふれあい館は県外からのお客様が多い

平成29年4月から9月までのUFOふれあい館のお客様について調べたところ、入館者数は6530名(この数値にはUFO物産館の入館者数は含まれていません。)で前年比12.8%の増加でした。これもひとえに皆様の御愛顧と御支援によるものと深く感謝しております。 これからもよろしくお願い致します。

UFOふれあい館のお客様の特徴は、県外からのお客様がなぜか多いということです。

平成29年は、福島県内 60.1%(昨年65.2%) 県外 39.9%(昨年34.8%)となっており、昨年と比較すると、更に今年は県外からのお客様が増加していることが分かります。

平日は、間違いなくお風呂を利用する地元のお客様が多いですので、土日は数値よりももっと県外からのお客様が多いような感じがします。

さらに、福島県内のお客様を福島市内と福島市外に分けてみると、福島市内 54.9%(昨年55.4%) 福島市外 45.1%(昨年44.6%)となっており、約半数が福島市外のお客様ということになります。

UFOふれあい館のある福島市飯野町の位置関係から考えると、どこかの観光地に行く途中に寄るとか、買い物に行くついでに寄るということはしにくい場所だと思われますので、UFOふれあい館を目指して、わざわざ遠方から来ていただいているということを考えますと、感謝の気持ちしかありません。

県外からのお客様が多いということで、自家用車以外の交通手段があまりないというところがUFOふれあい館の観光地としての難点でもあります。先日、福島駅からUFOふれあい館までのバスの時間が合わないため、何か他の手段はありませんかとの問い合わせがありましたが、費用面を考えますと、やはり路線バスということになります。

UFOふれあい館まで路線バスを利用される場合は、JRバス東北「福島-川俣高校前」です。JRバス東北の時刻表を御確認の上御利用ください。そして、「UFOの里」という停留場で下車することになります。参考までに福島駅東口からUFOふれあい館までのタクシー料金を調べてみましたが、中型で7270円、小型で5910円かかるようです。

Share Button