宇宙人のUTがラーメンウォーカーの目に留まった

2017年ユーキャン新語・流行語大賞のノミネートされた30語が発表になりました。インスタ映え、ユーチューバー、忖度(そんたく)などです。今年は大賞に何が選ばれるのでしょうか。

ゲストが出席しやすいものが選ばれやすいと聞いたことがあるので、「35億」のブルゾンちえみさんとか、史上最年少棋士の藤井聡太四段が巻き起こした「藤井フィーバー」が考えられますが、個人的には、会話の中でツッコミを入れたくなるときに使える元衆院議員の暴言「ちーがーうーだーろー!」が全国的に広まった感じがしました。

ところで、先日、UFOふれあい館の宇宙人のUTがインスタ映えするとの話をしました。その話にラーメンウォーカー様の目に留めていただき、ラーメンウォーカーのウェブ版で宇宙人のUTを紹介してくれるそうです。

この宇宙人のUTは、平成14年11月に、日清が「カップヌードルすごいぞUTフィギュアプレゼント!」キャンペーンを行い、当時合計1万名様にプレゼントしたものです。そして、その当時プレゼントされた福島県白河市居住のA・T様にこれを寄贈していただきました。

そう考えると、ラーメンウォーカー様と宇宙人のUTは、ラーメン繋がりがあるわけです。なんか不思議な縁を感じます。宇宙人のUTがUFO物産館(パノラマ食堂)のキャンペーン宇宙人になって、パノラマ食堂のラーメンが飛ぶように売れたらいいなと考えています。

Share Button

UFOふれあい館👽 意外とすごく楽しかった

Share Button

UFOふれあい館は県外からのお客様が多い

平成29年4月から9月までのUFOふれあい館のお客様について調べたところ、入館者数は6530名(この数値にはUFO物産館の入館者数は含まれていません。)で前年比12.8%の増加でした。これもひとえに皆様の御愛顧と御支援によるものと深く感謝しております。 これからもよろしくお願い致します。

UFOふれあい館のお客様の特徴は、県外からのお客様がなぜか多いということです。

平成29年は、福島県内 60.1%(昨年65.2%) 県外 39.9%(昨年34.8%)となっており、昨年と比較すると、更に今年は県外からのお客様が増加していることが分かります。

平日は、間違いなくお風呂を利用する地元のお客様が多いですので、土日は数値よりももっと県外からのお客様が多いような感じがします。

さらに、福島県内のお客様を福島市内と福島市外に分けてみると、福島市内 54.9%(昨年55.4%) 福島市外 45.1%(昨年44.6%)となっており、約半数が福島市外のお客様ということになります。

UFOふれあい館のある福島市飯野町の位置関係から考えると、どこかの観光地に行く途中に寄るとか、買い物に行くついでに寄るということはしにくい場所だと思われますので、UFOふれあい館を目指して、わざわざ遠方から来ていただいているということを考えますと、感謝の気持ちしかありません。

県外からのお客様が多いということで、自家用車以外の交通手段があまりないというところがUFOふれあい館の観光地としての難点でもあります。先日、福島駅からUFOふれあい館までのバスの時間が合わないため、何か他の手段はありませんかとの問い合わせがありましたが、費用面を考えますと、やはり路線バスということになります。

UFOふれあい館まで路線バスを利用される場合は、JRバス東北「福島-川俣高校前」です。JRバス東北の時刻表を御確認の上御利用ください。そして、「UFOの里」という停留場で下車することになります。参考までに福島駅東口からUFOふれあい館までのタクシー料金を調べてみましたが、中型で7270円、小型で5910円かかるようです。

Share Button

お風呂あがりに牛乳を飲み干すプチ贅沢なひとときを

昨日、恋人同士のカップルがUFOふれあい館に来館され、ミステリーゾーンを過ぎて、宇宙人のUTを見たとき、「出たっ!インスタ映え」と言いながら楽しそうに写真を撮っていました。先日のUFOふれあい館のツイートを見てくれたのかは定かではありませんが、ツイッターやブログを見ましたと言っていただくのと同様に、お客様に伝わっている感じがして、すごくうれしかったです。

さて、CanCan調べで、恋人選びに、相手の趣味を重視している人が7割以上いたそうです。そして、その半数以上の人が、男女共、趣味は、映画・音楽鑑賞だと回答しています。

私も映画やドラマをよく観るので、DVDのドラマ等をリスト化したところ、1000枚を超えていました。特にアメリカのドラマが好きなので、好きなドラマはと聞かれたらきっとこう答えると思います。

1位 リ・ジェネシス
2位 ボストン・リーガル
3位 Dr.HOUSE

なぜかということは次の機会にお話しするということで、映画とUFOふれあい館を結びつける映画を考えたときに思いついたのが、テルマエ・ロマエです。これは「古代ローマ時代の浴場と現代日本の風呂」をテーマとしたコメディ映画です。この映画の中で、日本の銭湯で牛乳を飲む習慣を、古代ローマにも伝えようとするシーンがあります。

お風呂あがりに牛乳を飲み干す。高額でもない牛乳(特にコーヒー牛乳)ですが、なぜか贅沢な感じがするのは私だけでしょうか。

UFOふれあい館にも牛乳の自販機があります。お風呂あがりに牛乳を飲み干すプチ贅沢なひとときを感じてみてはいかがでしょうか。

UFOふれあい館に自販機を設置していただいている会社は、福島県郡山市に本社を構える酪王乳業様で全国的にも有名な牛乳です。幻とまで言われた「酪王カフェオレアイスクリーム」も好評で、現在は通販も行っているようです。採算が採れないであろうUFOふれあい館に長きにわたって自販機を設置していただき、有り難いことだと考えています。

Share Button

「そんなことより酪王カフェオレおいしい」でおなじみの酪王牛乳

お次は「そんなことより酪王カフェオレおいしい」でおなじみの酪王牛乳。

Chizuko Namikiさん(@tezukonamiki)がシェアした投稿 –

Share Button

ハロウィンとインスタ映え

今日は、福島市飯野町の青木小学校の児童がUFOふれあい館に見学に来てくれました。館内を見学した後はUFO道(遊歩道)を散策しました。今日は気温が下がりましたが子供たちは元気でした。

子供で思い出したのですが、今日はハロウィンです。(UFOふれあい館は特にイベント等は行っていません。期待して御覧になった方はごめんなさい。)

本来、仮装は、アメリカでは基本的には「恐ろしい」と思われているものが選ばれる傾向があり、例えば、幽霊、魔女、コウモリ、悪魔、黒猫、ゾンビなどの民間で伝承されるものや、吸血鬼、狼男、フランケンシュタインが多いそうです。

宇宙人に仮装した方もテレビで観たことがありますが、東京の渋谷付近も今日は仮装の人たちで賑わうと思われます。みなさんの仮装がテレビやインスタグラムで賑わうこと間違いなしです。

博報堂生活研究所が発表した2017年のヒット・話題になったもののトップは「インスタ映え」だったそうです。UFOふれあい館を訪れてくれたお客様にもUFOふれあい館をインスタグラムに載せていただくのですが、最近多いのが宇宙人のUTの写真です。背景が地球になっているので、これこそインスタ映えするのかもしれません。

追伸

仮装というと、福島競馬場のイベントで飯野町商工会にある宇宙人の衣装を着たことがあるのですが、残念ながら子供に泣かれた記憶しかありません。

Share Button

飯野UFO物産館@ダブル地鶏醤油ラーメン

Share Button

イラストレーターの高橋わな美さんがラーメン店店主と話し合いながら作り上げたラーメン擬人化キャラです

Share Button

福島にはUFOの町があるのです

福島にはUFOの町があるのです。

よしけんさん(@yoshiken4410)がシェアした投稿 –

Share Button

毎日大変気になっているのです

毎日大変気になっているのです。

よしけんさん(@yoshiken4410)がシェアした投稿 –

Share Button