お風呂のこと

日本人はお風呂好きです。江戸時代から銭湯を楽しむ文化があり、寝る前にお風呂に入るというのも日本独特な習慣らしく、一方、外国では、お風呂は体の汚れを取って清潔にしておくことができれば十分と考えている人が多いそうです。

私も同様にお風呂が好きで、公共の日帰り温泉(沸かし湯のところも含む。)に行きます。よく行くところは、あえて名前は挙げませんが、福島市(福島1か所、飯坂3か所、土湯1か所)、郡山市1か所、二本松市2か所、大玉村1か所当たりを気の向くままに巡っています。

巡っていて思うことは、この施設中に自分のお気に入りの場所があるということです。どうしてそこがお気に入りなのか、お気に入りの施設の概要を簡単に説明したいと思います。

・料金 公共の日帰り温泉としては、大人510円と少し高め。

・泉質 温泉。大きな湯船は42℃と適温。寝湯は38℃に設定されているので、のぼせないで入っていられる。

・営業時間 21時まで居られるのでゆっくりできる。

・浴場の大きさ 湯船の数が多く、広い。深さ1.2メートルくらいの立って入る湯船があって湯量が豊富。クールダウンできる椅子もある。

・サウナ有 サウナ好きには必須。

・休憩室有 広い。畳で横になれる。(個人的に重要)

・食事処有 小腹がすいたときに便利。

ということで、私のお気に入りの施設はどこかと言いますと、二本松市にあるスカイピアあただら様の展望大浴場です。設備が整っているだけではなく、この施設のたたずまいもリラックスできる一因だと思います。

さて、UFOふれあい館にも2階にお風呂があります。是非、お風呂を利用していただきたいのですが、入館料大人400円で入浴できます(展示室の見学込み。)。沸かし湯で浴室もあまり広くはありませんが、誇れるところがあるとすれば、50畳ある大広間で休憩ができることと、桜の時期には、桜を楽しみながら入浴できることです。また、UFO物産館では食事することができます。

ケロロ・ケロリンの風呂桶もあります。お友達も誘って、みんなで!合言葉はUFO(湯訪)です。

えっ?UFOふれあい館にどうしてお風呂があるかですか?理屈じゃないですよ。(笑)

Share Button