テレビ東京「私の昭和史」(5)円盤に対する幻想について

010701sonota384-trans「今日も円盤は飛ぶ UFOを追って」 放映 昭和48年3月27日
聞き手 三国一朗氏
ゲスト 日本空飛ぶ円盤研究会代表 荒井欣一氏

(三国)空飛ぶ円盤に関してはいろいろな説がありまして、スイスのグスラフ・ユング氏が述べた昭和33年8月の新聞記事がここにあります。

ユング博士は、8日、チューリッヒで「空飛ぶ円盤は現代の救世主神話」だという新説を発表した。

それによると、今の暗い世界情勢から、多くの人は幻想を求め、真剣な悩みに対し、回答を求めているが、誰もそれに答えられない。そこで、彼らは、自分の幻想で空飛ぶ円盤を見て、これに救いを求めるのだという。

ユング教授の円盤に関する文献には、円盤に乗ってきた生物が、地球人に教え、助けるという考え方を書いているものが多く、これは多くの現代人が、救世主を待望していることを示すものだそうだ。

となっています。グスタフ・ユング教授は精神病理学者で、このような推理をしていますが、荒井さんの組織している研究会は順調に活動されていますか。

(荒井)一時は千人近くの会員がおり、活発な活動をしていましたが、その後、いろいろな団体が出来てきて、我々の研究会は特に科学主義を標榜していましたので、内容が非常に固いという批判もあり、会員の数は減少していきました。

ちょうどその頃私自身身体を壊して、しばらくの間円盤と遠ざかっていた時期がありました。(つづく)

参考文献 ロマンを抱いた我が人生 荒井欣一自叙伝

Share Button

テレビ東京「私の昭和史」(4)UFOと天文学者について

010301nori008-trans「今日も円盤は飛ぶ UFOを追って」 放映 昭和48年3月27日
聞き手 三国一朗氏
ゲスト 日本空飛ぶ円盤研究会代表 荒井欣一氏

(三国)宇宙とか天文の専門の科学者たちはどういう見方をしていますか。

(荒井)科学者特に天文学者は空を見る機会が多いので、円盤を目撃するチャンスは多いとは思いますが、天文学者、特に日本の天文学者の目撃例は非常に少ないです。一部の方は、頭から「円盤は飛ばず」と否定しているようです。しかし、海外の天文学者で冥王星を発見されたトンボー博士は、UFOらしきものを見ています。また、パイロットの方など信用できる方々も多く目撃しています。

(三国)何か非常に固い感じがしますね。

(荒井)やはり専門家となると言動に注意するのではないでしょうか。

(三国)専門の科学者はどう考えているのでしょうね。

(荒井)科学というのはある程度仮説をこしらえて、それを追究することが科学を発展させる上で必要なものだと思いますが、今の科学者のように既成事実だけで判断するということだけでは、科学の本質ではないと思います。(つづく)

参考文献 ロマンを抱いたわが人生 荒井欣一自叙伝

Share Button

テレビ東京「私の昭和史」(3)宇宙人のデマについて

010301nori003-trans「今日も円盤は飛ぶ UFOを追って」 放映 昭和48年3月27日
聞き手 三国一朗氏
ゲスト 日本空飛ぶ円盤研究会代表 荒井欣一氏

(三国)目撃例の中にはウソだとかインチキという例もあるそうですね。

(荒井)そういうものもありますね。一つ残酷な話なのですが、宇宙人を捕まえたという話がありましてね。

(三国)それはどこの国の話ですか。

(荒井)アメリカの話ですが、捕まえたという宇宙人を悪戯な若者二人がマスコミに公開したことがあるのです。というのは猿の尻尾を切ったり、歯を抜いたりして、これが宇宙人だと世の中に発表したんです。

(三国)この件はちょっとやり過ぎですが、こういう例は多かれ少なかれどこにもあると思うのですが、いろいろな情報が入り混じる中で、荒井さんは全部信じてしまうのか、又は何か信じてはいるけれども疑っている矛盾みたいなものがあるのでしょうか。

(荒井)そうですね。UFOの目撃例というのは非常に多いのですが、実際に説明不能というのは5~6パーセントで、全部が全部報告を信じているわけではないです。全てを振るいにかけてその中でどうしても説明がつかないものを未確認飛行物体としています。(つづく)

参考文献 ロマンを抱いた我が人生 荒井欣一自叙伝

Share Button

テレビ東京「私の昭和史」(2)目撃例について

010301nori010-trans「今日も円盤は飛ぶ UFOを追って」 放映 昭和48年3月27日
聞き手 三国一朗氏
ゲスト 日本空飛ぶ円盤研究会代表 荒井欣一氏

(三国)UFOについてはいろいろ見聞していますが、UFOを目撃したという報告が方々ありますね。

(荒井)全世界いたるところですね。

(三国)これを大体五つのタイプに分類できると思いますが、一つは他の物体と見間違える。二つは自然現象を見間違える。三つは幻覚若しくは妄想から生じる。四つは全くのウソ。五つ目が説明不能というものなのですが、これは五番目の説明不能というものが、未確認飛行物体の可能性があるということですか。

(荒井)これは如何なる現代科学を以てしても説明できないという物体が飛んでいるということです。

(三国)一番有力な実例というのはなんですか。

(荒井)それはブラジル海軍が発表した有名なトリニダート島写真というのがあるんです。この島は大西洋の小さな島ですが、そこで気象観測中の人達が目撃したものです。土星型の物体が非常に低空で飛行し、島の岩山を一周して飛び去ってしまいました。その時プロのカメラマンが6枚の写真を撮り、これがその時の一枚です。

(三国)ブラジル海軍としてはこれを確認しているのですか。

(荒井)空飛ぶ円盤とは言いませんが、何か解らない物体が飛行していたことは事実であると言っています。(つづく)

参考文献 ロマンを抱いた我が人生 荒井欣一自叙伝

Share Button

テレビ東京「私の昭和史」(1)会員について

010301nori018-trans「今日も円盤は飛ぶ UFOを追って」 放映 昭和48年3月27日
聞き手 三国一朗氏
ゲスト 日本空飛ぶ円盤研究会代表 荒井欣一氏

(三国)今日のゲストは荒井欣一さんです。荒井さんは日本におけるUFO研究の草分けであり、「日本空飛ぶ円盤研究会」の代表として長い間この円盤の真相を追ってきた方です。荒井さんはそもそもUFOに興味をお持ちになったきっかけはなんですか。

(荒井)軍隊にいたときは、航空部隊におりまして、レーダーの整備をしていた関係上、航空関係に非常に興味を持っていたので、UFOは一体どんな飛行原理で飛んでいるのか興味が湧きました。終戦後本屋を開業していまして、UFO事件の本をよく読みました。中には結構面白い本もあり、興味は益々膨らんでいきました。

(三国)日本で翻訳されていないものまでお読みになりましたか。

(荒井)日本では翻訳されていないものがかなり沢山ありますが、全部という程ではないですが、ある程度の本には目を通しています。

(三国)昭和30年の7月ですが、日本空飛ぶ円盤研究会を組織されたのは、どんな顔ぶれでしたか。

(荒井)最初は私の店のお客様を中心にやっていたのですが、その後、北村小松さんですとか、黒沼健さんとか、星新一さんとか有名人の方が次第に入会され、三島由紀夫さんなんかも非常に熱心な会員でした。

(三国)でもこういう正体の解らない未知の物体を調べるとき、仮説の立て方として三つあると思うんですが、一つには存在する、存在しない、どちらとも言えないという三つだと思います。

(荒井)そうですね。研究会としてはあまり存在するという事にこだわり過ぎると、否定論者から批判が出ますので、そういった意見も尊重して実在論とかみ合わせるというような方法で理論的に追及していこうと思っていました。しかし、会員の80パーセントくらいは実在論者だったと思っていたし、その線で機関誌の発行や運営をしてきました。(つづく)

参考文献 ロマンを抱いた我が人生 荒井欣一自叙伝

Share Button

宇宙人キャラクター紹介パート7

チーミーみなさんこんにちは、U-タンです。今日も宇宙人の友達を紹介します。今回紹介するのは、名前は「チーミー」です。

チーミーは、とも座の散開星団M46から来ました。

身長2.5メートル、体重30㎏、食べ物はヘリウムが大好物です。

特技は、空中をふわりと飛び歩くことと、ゲラゲラとよく笑うことです。

話は変わりますが、以前、「星さんと日本空飛ぶ円盤研究会」という記事を書きました。「UFO同窓会」で、SF作家の星新一さんが「私が今日あるのは荒井さんのおかげです。」と語ったというところを読んで、荒井さんはさぞかしうれしかっただろうとちょっと胸があつくなりました。

荒井さんが「日本空飛ぶ円盤研究会」を立ち上げ、円盤研究とは程遠い作家志望の方が入会しているところも少し面白いところでありますが、もし、星新一さんがこの会に入会しなかったら、人生は変わっていただろうし、出会いって大事だなと感じました。

Share Button

宇宙人キャラクター紹介パート6

デカメダみなさんこんにちは、U-タンです。今日も友達の宇宙人を紹介します。今回紹介するのは、名前は「デカメダ」です。

デカメダは、一角獣座のばら星雲から来ました。

身長3メートル、体重は130㎏、食べ物はブルベリーが大好物で、特技は1000光年まで見ることができることです。

Share Button

UFOと遭遇した時の心得(UFOテレフォンサービス)

010701sonota389-transUFOと遭遇する人は、滅多にない幸運の機会で、一生目撃しない人がいるかと思えば、何回も目撃するというチャンスに恵まれた人もいます。しかし、ほとんどの人はUFOを見ていないと思うので、そのときの心得をお教えしましょう。

UFOという言葉や概念は知っているし、テレビ等でもしばしば登場しているので、何か不思議と思われる光や飛行する物体を見て、前後の見境なくUFOと信じ込んでしまい、あとで飛行機や流星と分かった場合、UFOの真の実在性が信じられないようになっていまいます。ですから、早合点は禁物です。

そこで、まず次のところに注意してください。昼間・夜間と言わず、空中を飛行しているものはたくさんあります。昼間は飛行機、気球、鳥、雲等、夜間は山中を走る車のヘッドライト、星、流星、人工衛星等です。そういうことを覚えた上で、冷静に、客観的に観察することです。非常に距離のあるものは、確認するのに時間がかかりますし、あまりにも早く消滅するものはまずUFOと考えないほうがいいでしょう。

参考文献 1989年2月15日から2月28日までNTTUFOテレフォンサービスで提供されたものです。

Share Button

UFOの里のスイーツはいかがですか

s-001福島市飯野町にある「UFO物産館」では、地元で作られたお菓子も販売しています。その名もUFOの形をした「UFOサブレ」とUFOの里と焼き印の入った「UFOまんじゅう」です。

このお菓子は、地元飯野商店街にある「二階堂菓子舗」で作られたものです。地元で作られるお土産って少なくなってきてますので、これが本当の名物なのかもしれません。

二階堂菓子舗のお店のほうでは、飯野YOSAKOIが大好きな職人さんがお菓子を作っていますので、「UFOふれあい館」にお越しの際は、お店のほうにもお立ち寄りください。

なお、お店では、和・洋菓子、季節のお菓子等を取り揃えて販売しております。(誕生日・クリスマスケーキも承ります。)

二階堂菓子舗
福島県福島市飯野町字境川52-2
024-562-2614

Share Button

首相のUFO談議

010701sonota384-trans報知新聞(1989年12月22日付け)の記事からの紹介です。

UFOライブラリー館長 荒井 欣一

さる11月、早稲田大学祭の際、海部首相は講演の後、あるグループの要請で、気安くUFOについてのインタビューに応じた。日本では、首相がUFOについて語るなど前代未聞。

首相は大分前に、外務省のある高官からUFOについての話を聞き、基礎知識を持っていたのか、スラスラと返事が戻ってきた。

内容の一端を紹介すると、首相自身はまだUFOを見た事はないが、「信じたいし、信じた方が夢があって良いと思う。見たという記事や人の話は聞いている。」と自分も目撃できたらという夢を持っていることを打ち明けた。

「現在の日本には、政府レベルの研究機関はまだないが、いずれこのような夢を持った政府機関を持ちたいと思う。」と語り、首相がUFOに並々ならぬ関心を抱いていることが分かった。総理の今後の手腕に期待すると共に、UFOの国際間における共同研究を進めてもらいたい。

参考文献 報知新聞 1989年12月22日付け(スクラップ)

Share Button