UFOふれあい館をもっと知ってほしくて

UFOふれあい館をもっと全国のお客様に知っていただくために、3種類のPOPを作成してみました。

タイトルは、全て「UFOふれあい館」。

サブタイトルも全て「自然のやすらぎとピンカラ石ラーメンをあなたとともに」にしました。

福島市飯野町のシンボルでもある千貫森の中腹に建てられたUFOふれあい館。

UFOふれあい館の良さと言ったら、あり余る自然ののどかさではないでしょうか。だからと言って、ただ放置されているわけではなく、定期的に町の住民によって草刈りなどを行ない景観を保っています。そんな自然ののどかさにやすらぎを感じて今のストレス社会を乗り切りましょう。

また、ピンカラ石ラーメンは、UFO物産館の一推しです。こちらにお出掛けの際食べていただきたいという気持ちを込めました。

これらの意味を込めて作成した3種類のPOPは次のとおりです。

① UFOふれあい館はUFOをイメージして設計されていますので、UFOふれあい館の外観を背景にしました。

(UFOふれあい館外観編)

 

 

 

 

② UFOと宇宙人は切っても切れないものです。黄色い愛くるしい顔の宇宙人UTをモデルにしました。

(宇宙人UT編)

 

 

 

 

③ UFOふれあい館の2階にはお風呂があります。一番経費がかかるものでもありますので、お風呂の利用促進を目的にのれんを背景にしました。

(UFOふれあい館のお風呂編)

 

 

 

 

お客様はどれがお好みですか?

Share Button

月ロケット発射に関する要望書を展示物に加えました

UFOふれあい館の展示室に新たな資料を追加しました。それは、「月ロケット発射に関する要望書」というものです。鏡のショーケースに設置しましたので、手に取って御覧いただけます。

UFO研究家の荒井欣一氏は、大蔵省を退職後、昭和30年に日本空飛ぶ円盤研究会(IFSA)を設立し、言いだしっぺで自ら会長に就任。「今世紀最大の謎であるUFOの実体を科学的に究明し、地球平和に役立てよう」という趣旨に賛同し、糸川英夫、徳川夢声、新田次郎、石原慎太郎、黛敏郎さんなど、多くの知識人が入会、星新一、三島由紀夫さんなども熱心な会員でした。

2年後の昭和32年、後続の4団体が加わり「全日本空飛ぶ円盤研究連合」を結成。皮切りに、宇宙時代における地球人の覚醒を促すための「宇宙平和宣言」を発表。以後、ユニークな活動を次々に展開しました。

その一つが、ソ連のフルシチョフ首相に出した月ロケットの打ち上げ中止を訴える手紙です。

昭和32年、ソ連が原爆を積んだロケットを月に命中させるという噂が外電で広く報道されましたが、このときには「月ロケット発射に関する要望」という声明書をソ連大使に手渡しまして、月にUFO基地がある可能性を訴えました。

その結果、この声がフルシチョフ氏に届いたためかどうかわかりませんが、あれほど騒がれたソ連の月ロケット計画は中止になったのです。

この要望書という資料を荒井氏が東京のUFOライブラリーに展示していたものをそのまま今回展示しました。

三島由紀夫氏は、昭和37年の著書「美しい星」の中で、ソ連のフルシチョフ共産党第一書記に核実験を止めるよう嘆願する手紙を書いたりしていますので、この小説は、多分に同研究会に影響された作品だと考えられます。

Share Button

戦利品です?宇宙人はうちの娘や友達の子供たちにも

Share Button

UFOの基地と言われてる千貫森で採れた不思議な力を持つピンカラ石を使ってます

Share Button

美味しいラーメンにたどり着くまでのマップ

国道114号線を自動車で通行される方が、千貫森公園入口の看板等は見たけど通過してしまった。あとで考えると行ってみれば良かったなどとよくツイートされることがあります。

きっとその時は時間の都合でUFOふれあい館等を利用できなかったのでしょう。

しかし、その日は利用できなくても、次の機会に行ってみようと思っていただくだけでも良いと思うのです。

それには、事前に、千貫森公園内ってどうなっているのか知っておく必要があります。千貫森に入るとまた同じところを戻らないといけないと思っていませんか。

例えば、福島駅方面から千貫森入口を左折して千貫森に入って、UFO物産館の前と通って、そのまままた川俣町方面に通り抜けができるんです。そうすれば、時間も短縮できますし、今度来るときのための駐車場の位置なども確認できるのではないでしょうか。

では、UFO物産館で美味しいと言われるラーメンを食べるためのシュミレーションをしてみましょう。

福島駅方面から国道114号線を走行し、左手に千貫森入口の看板が見えてきます。そこには、現在、「美味しいラーメンあります」ののぼり旗が立っています。

そこを左折してください。

左折して上り坂を登っていくと、正面に宇宙人の看板が見えてきます。

ネット等にも掲載されているので、御存知の方もいると思いますが、今話題のひょこりはんに似てます。

そこをさらに右折し、道なりに走行していくと、右手にUFO物産館が見えてきます。

UFO物産館の正面に現在黄色い「ラーメン」と書かれたのぼり旗が立っています。

ここが美味しいラーメンを食べるためのゴールになります。

ここからさらに直進すると、国道114号線に戻ることができますし、当然、川俣町方面から福島駅方面への逆のルートも通り抜けできることになります。

お時間のないお客様も福島市飯野町の千貫森を車で通過するときは、UFOふれあい館等の場所等を確認されてみてはいかがですか。

Share Button

カエル型の宇宙人ではないですが…

CIAの秘密文書の記事をツイートした際に、また【公式】ケロロ軍曹PR様からカエル型宇宙人の目撃情報は…とのお問い合わせをいただきました。

さすがにCIAの秘密文書からカエル型の宇宙人を探すのは困難であったことから、別の資料で探したところ、カエル型の宇宙人ではないのですが、それに似た宇宙人を見つけました。

その名前は、ガニ股宇宙人です。この宇宙人カエルに似ていませんか?(笑)

この宇宙人は、1974年10月25日にアメリカのワイオミング州ローリンズの森林で目撃されました。

鹿の狩りをしていたヒグドン氏がこの宇宙人と遭遇したのですが、身長1.8メートル、ひどいガニ股の生物が彼の前に現われました。

その生物はオーソと名乗り、「腹がへっているだろう」と透明の物体に乗せられて彼らの天体まで連れて行かれたそうです。

高い塔の中の部屋に連れて行かれたそうですが、しばらくするとオーソが部屋にやってきて、「残念だが、あなたは我々が求めていたような人ではなかったので、地球へ送り返す」と言われたそうです。

どうして求めていた人ではなかったのかとの理由は書いてありませんが、コンタクティーの目的の一つに地球人との交配があります。ガニ股の宇宙人は、ガニ股を治すために、内股の人を捜していたのではないでしょうか。

参考文献 私は見た!謎と怪奇の世界「ザ・宇宙人」 大陸書房 昭和60年8月10日発行

Share Button

CIAが解禁した秘密文書が今明らかに!

UFOふれあい館の展示室のCIA秘密文書を見て驚かれるお客様が多くいらっしゃいます。

このCIA秘密文書は、荒井欣一さんから寄贈されたものなのですが、荒井さんがこのCIA秘密文書を入手したときも新聞等で次のように話題になりました。

”CIAといえば世界に名だたる米国の諜報機関。そのCIAがUFOについて秘密裡に研究を進め、調査結果を文書にまとめていた。このほど解禁されたその秘密資料を東京・五反田にあるUFOライブラリー(荒井欣一館長)が入手、一般に公開している。”

”その中身は、さまざまな目撃記録やUFOに関する調査報告で、なんといっても、あのCIAが熱心に調査していたものだけに信頼性は十分。”

CIAはこれまでこれらの文書の公開を拒否してきましたが、情報公開を求める市民運動が盛んになり、COUS(UFOの秘密政策に反対する市民の会)という団体が裁判所に提訴し、裁判に勝って公開に踏み切られました。

荒井さんは、その資料のコピーを米国にいる知人を通じて手に入れたわけです。

裁判の結果、公開された資料は935枚でしたが、これが全てではなく、残る57点が国防上の理由で公開されませんでした。

COUSは再提訴して最高裁まで争いましたが、国家の安全に脅威を与えるものであり、公開すべきではないと敗訴しました。

これに対して、荒井さんは、アメリカ西部でUFOが墜落し、搭乗員を捕まえているので、その調査記録もあるでしょうし、国防上の脅威になるどんな内容が隠されているのか大いに気になるとコメントしています。

それでは、公開された秘密文書にはどんな事実が書かれていたのかが気になるところですが、その一部を紹介してみましょう。

(1975年10月)アメリカ北部諸州のカナダ国境に展開している核ミサイル保有の戦略空軍基地に、一週間にわたってヘリコプター型のUFOが出現。厳重に警戒されているミサイル発射基地のそばまで降りてきて偵察行動をした。これに対して米空軍やカナダ空軍は、このナゾの飛行物体に対して攻撃体制を取るどころか識別することもできなかった。

(1969年)前大統領が当時ニュージャージー州のライオンズクラブの会合に出席しているとき、十数人の同席者と100メートルの距離から光る物体を目撃。

(1976年8月)チュニジアでUFOが目撃され、同国首脳からキッシンジャー氏宛に問い合わせの手紙が送付された。

(1976年9月)モロッコ上空でUFO目撃。同国のアンダーソン大統領がキッシンジャー氏に報告してきた。

(1976年9月)イラン上空で同国空軍機が複数のUFOと遭遇。ミサイルを発射しようとしたが計器の機能がマヒし、発射できなかった。

この内容で世界でUFOらしきものが目撃されていることは事実のようです。CIAが秘密裡にUFOを調査していたことや国防上の脅威を理由に公開されていない文書があることが疑惑の矛先になっていますが、国際的なUFOの調査機関が現在あってもいいのではないかと考えます。

1、2、3、ダァー!!

参考文献 毎日中学生新聞(昭和57年7月19日付け)

Share Button

UFOに思いを馳せる日

6月24日はUFOの日です。

この日、初めて空飛ぶ円盤が一般的に知れ渡るようになった「ケネス・アーノルド事件」が起こり、それを記念して6月24日はUFOの日とされました。

UFOふれあい館には、UFO研究家の荒井欣一氏の資料が展示されているのですが、これらの資料が荒井氏からUFOふれあい館に寄贈された当時の新聞記事を発見しました。

この新聞記事は、平成15年3月23日付け毎日新聞で、タイトルに「超一級収蔵の蔵書・写真パネルなど3000点」と話題になり、その内容は次のとおりです。

UFOによる町おこしを進めている飯野町のUFOふれあい館に、このほど日本のUFO研究の第一人者として知られる故荒井欣一氏の蔵書や写真パネルなど約3000点が寄贈された。(中略)

荒井氏の自宅のある東京都品川区に「UFOライブラリー」を開設。半世紀にわたり集めた研究資料は、2000点の国内外のUFO関連図書と300点の学界機関誌、米国のCIA(中央情報局)の秘密文書コピー約1000枚。旧ソ連大使館員が資料調査に訪れたエピソードもある貴重なものばかり。

そして、最後に、その資料がUFOふれあい館に届けられた2週間後に残念ながら荒井氏は息を引き取られたそうです。

荒井氏には超一級の資料に改めて感謝を申し上げるとともに、UFOの日は荒井氏にとって、日本中の方にUFOを知ってもらうためのイベントを行う日でもありました。イベント等を考えていない年があっても、マスコミから今年は何をやるのか問い合わせがあったそうです。

UFOの日は、UFOふれあい館にお出掛けして超一級の資料を堪能するのもいいと思いますが、大切な人に思いを馳せる日であってもいいのではないでしょうか。

参考文献 平成15年3月23日付け毎日新聞

Share Button

かねてよりずっと行きたかった「UFOの里」。今日ようやく実現しました

かねてよりずっと行きたかった「UFOの里」。今日ようやく実現しました友達Mちゃんと。 この昭和感漂うスポットに、どれだけ楽しみにしていたことか~ 入館料400円、風呂まで入って、大広間で休んでいける、地元密着型UFOの里。 とにかく行ってみて欲しい訳です。 3Dシアターがあります。3Dにしている意味が分からない!(笑) 言うならば、中学校の学祭ぽい(笑)それがまた良いわけです。 しっかりしっかり堪能しましたよ。 2時間他にお客さんいたんですけど、皆直ぐ帰っちゃうから、ほぼ貸し切りになってました。こりゃ平日はどうなんだろ?と想像ができてしまう 顔はめるボードで楽しみ、 CIAの文書を見たり、 3Dシアターの動画を見たり。 懐かしさ満点のビデオデッキが内臓されたテレビがあったなぁ。 再生されなかったぞ 物産館もあり、危うくTシャツ買うとこだったんだけど、急にUFO熱が覚めた(冷めた)のです。なので、1個108円、5個セットにすると550円の饅頭とかも買いませんでした。(何故かセットにすると高くなる、よく分からない価格設定(笑)) ゆるく楽しみたい、ツッコミどこ満載なディープなUFOの里、オススメです。 バーベキューとかもできるみたい。 #UFOの里 #福島市飯野町 #飯野町 #UFOふれあい館 #宇宙好きな方どう? #ブログ等ちゃんと書いてる #UFO道長い @info_ufo

ヤコさん(@happyichigo127)がシェアした投稿 –

Share Button

”ほだほだボール”Tシャツ

福島市の情報誌「シティ情報ふくしま」様から取材の依頼がありました。

7月号の特集で、「夏を遊び尽くせ!」という企画に、UFOふれあい館を掲載していただけるそうです。

この企画には、読者プレゼントがあり、UFOふれあい館からは、”ほだほだボール”Tシャツを出品させていただくこととしました。

このTシャツには、次のような文言がプリントされています。

宇宙の神秘に酔いしれ

謎の「ほだほだボール」

をいただく!

HHB

562

UFO nosato IINO machi

ほだほだボール

わりげんちょ、旨い


 

 

HHBは、AKB等のアイドルをパロッていて、ほだほだボールの頭文字からなっています。さて、AKBなら48ですが、562はどういう意味でしょうか。

クイズです。その答えはCMの後で!

~CM中!~

ほだほだボールのほかに、んだんだボールというものがあり、“ほだほだ”と“んだんだ”はそうだそうだと言う意味の方言です。

ほだほだボールはライスに野菜を混ぜ合わせ、カレー風味で味を整え、肉で巻いて、油でカリッと揚げた商品です。んだんだボールはほだほだボールの姉妹品で、椎茸、えび天、野菜等を使用し和風味に整えて、肉は使用せず油でカリッと揚げたものです。

では、クイズの答えは、

福島市飯野町の市外局番の次の市内局番が562ですので、市内局番が正解です。

今、な~んだという声が聞こえたのですが、気のせいでしょうか。(笑)

それはともかくとして、シティ情報ふくしま7月号が出版されましたら、UFOふれあい館からのプレゼントを楽しみにしていてください。

Share Button