「NO UFO,NO LIFE.」Tシャツ入荷しました

4月22日(土)に放送されました福島テレビの地元密着!情報バラエティ番組「サタふく」を御視聴いただきましたでしょうか。

どんな番組だったかはこちらをどうぞ!http://ufonosato.com/blog/?p=6905

おかげさまでUFOふれあい館等は多くのお客様で賑わっております。

ところで、この番組でUFOふれあい館等を取り上げた部分は録画だったのですが、お笑いコンビ「江戸むらさき」さんは他の場所から中継で番組に参加していました。その時お二人が着ていたのが、「NO UFO,NO LIFE.」Tシャツだったのです。

番組を観るまで私も分かりませんでしたので、自腹で購入していただいたものと思われます。

本当に良い宣伝になりました。感謝申し上げます。

この「NO UFO,NO LIFE.」Tシャツが、昨日納品されましたので、各種サイズ揃っております。UFO物産館で購入できますので、お買い求めください。

また、話しは変わりますが、ツイッターで「#東北でよかった」が話題になっていますが、UFOふれあい館等にもこのハッシュタグを付けて投稿してくれるお客様が多くいらっしゃいます。ありがとうございます。

東北でよかった。

Share Button

#東北でよかった #福島でよかった

#東北でよかった #福島でよかった

_maru_さん(@maru_202)がシェアした投稿 –

Share Button

ふれあい館は私しかいなかったけど、物産館は活気があった。ラーメンが有名らしい。ふれあい館の人にも勧められて食べた。見晴らしも楽しめるし美味しかったです。福島駅からバスで25分くらい

Share Button

看板から顔を覗かせてるのは…宇宙人!?目撃情報多数の“UFOの里”にある「UFOふれあい館」 – BIGLOBEニュース

Share Button

看板から顔を覗かせてるのは…宇宙人!?目撃情報多数の“UFOの里”にある「UFOふれあい館」 – エキサイトニュース

Share Button

日曜日にソメイヨシノの開花宣言をしたにもかかわらず、千貫森の桜はあっという間に満開になりました

Share Button

福島・UFOの里:本格ラーメン評判 一押しは「飛び魚」

Share Button

月の裏側について

ある番組で、月の裏側が地球から見られないのは、月が自転をしないためと説明してしまい指摘を受けたとのことです。正解は、地球からは月の裏側が見えないのは、月の自転と公転の周期が同じになっているということなのだそうです。(この番組のヒントは、以前、取材のオファーがあって、その後キャンセルになった番組です。だから気になって記事を読みました。)

ところで、月の裏側と言えば、日本空飛ぶ円盤研究会です。月の裏側は、1959年、ソ連の月探査機ルナ3号が初めて観測しました。その後、月の裏側の写真が発表されたのです。その際、当該研究会名で「月の裏側写真発表に際して」という文書が公表されました。

その内容はこちらです。↓

http://ufonosato.com/blog/?p=888

想像していただきたいのは、それまで誰も月の裏側を見たことがなかったということです。それに加えて、当時のUFO研究家の方の中には、アダムスキーの本に影響されて宇宙に興味を持った人も多くいました。

アダムスキー氏によれば、月には水も空気もあり、裏側には大森林地帯や湖や川もあり、動物もいて、多数の人類が住み、大都市まであるとのことでしたので、それが実際は月の表面はクレーターだらけだったと分かれば、信じていた方は相当がっかりしたのではないでしょうか。

しかし、アダムスキーの体験は、信憑性があるとして、アダムスキーを研究する方は多くいます。それらの方の中には、この月の裏側は捏造された写真であると思っている方もいます。

えっ?私はどちらを信じているかって?それは内緒です。だって月の裏側に大都市があったり、ももりんみたいな「うさぎ」がいたら楽しいじゃないですか。

あなたはどう思いますか?

Share Button

福島市飯野町の千貫森のソメイヨシノ勝手に開花宣言!花見山公園でお花を満喫した後は、UFOでラーメンが定番です

Share Button

純米酒「千貫森」の新酒を入荷しました

Share Button