福島県の飯野町地区は、昔から発行物体が目撃されてきたことからUFOの里として広く知られている場所です。そこで沢山のUFOの資料やその他謎めいた資料が集まり展示されているのが、「UFOふれあい館」です

Share Button

福島県にあるUFOの里、資料展示の他、お風呂と休憩室有り。さらにラーメンとカレーが美味しい

Share Button

福島市飯野町の千貫森(UFOの里)からみた安達太良山と吾妻小富士と一切経いい眺めです

Share Button

宇宙人とはどのように接触したらいいのか

「もし宇宙人が地球にやってきたら、あなたならどうしますか?」

とりあえず、不審者なので警察に通報ですか?

その宇宙人がETみたいな良い生き物だったら友達になれるかもしれませんが、映画「テラフォーマーズ」のテラフォーマーなら、何も考えず、一目散に逃げるしかないかもしれません。

UFOふれあい館には、日本空飛ぶ円盤研究会の代表であった荒井欣一さんの資料が展示されているのですが、昭和30年ころ、日本空飛ぶ円盤研究会では既に宇宙人との接触要領についての試案が考えられていました。

どういった内容かと言いますと、

まずは、宇宙人をどのように仮定するか、宇宙人が昆虫であったり、植物だったり、我々の想像をも許さない奇妙な生物の場合も考えましたが、こういった者の場合、意思表示や伝達方法に甚だしい差異が生じるとして、彼ら(宇宙人)は、人間と大きな違いがない者として仮定したようです。

次に、コミュニケーションについて、宇宙人に対し、当方は何ら敵意や害意を持つものではなく、極めて友好的であることを知らせることを上げています。

初めは、日本語、英語、ドイツ語などで「今日は、いらっしゃい」と挨拶してみて、通じないようであれば、身ぶり手振りによる会話を試みるとあります。

次は、宇宙人への質問事項ですが…、(言動的会話が可能な場合とあります。)

17項目挙げており、どこの天体から来たのか、何のために地球へ来たのか、円盤はいかなる動力・推進機関を用いているのか等々です。

真面目に考えられている分、笑えると思えるところが多々ありますが、アダムスキー等のコンタクティーの会見をイメージし、影響されている感じがします。

昭和30年代に真面目に考えられた試案です。今と違う時代背景があり、もっと宇宙に対し、ロマンみたいなものを感じていた人が多くいたのかもしれません。

なお、この宇宙人との接触要領についての一試案を御覧になりたい方は、UFOふれあい館にお越しの際、遠慮なく、係員にお申し付けください。

参考文献 UFOこそわがロマン 荒井欣一自分史 40頁

Share Button

福島市飯野町の千貫森は、山全体が千貫森公園になっています

UFOふれあい館では、「千貫森の謎」という3Dバーチャルシアターを観ることができます。内容を簡単に言いますと、どうしてこの千貫森にはUFOが飛んでくるのかということですが、

噛み砕いてみますと、

● 銀河系には2000億個の星があるし、人間みたいな生物がいてもおかしくない。

● 千貫森周辺にある古墳や神社などの位置関係を調べるとUFOが出現しやすいパワーライン(レイライン)があるからである。

● 千貫森はピラミッドのような形で、磁場が狂っていて不思議な場所なので、千貫森はUFOにとってのアンテナになっているのである。

といった感じです。

こんな不思議な山の麓には、UFOふれあい館、UFO物産館及び千貫森庭球場があり、UFOふれあい館の入口から山の頂上まで登れるUFO道を有しています。

山の頂上には、コンタクトデッキがあり、UFOを呼んだり、眺めを楽しんだりすることができます。

また、春には、桜の時期と相まって、かたくりの群生地を見ることができます。

UFOふれあい館においでの際は、UFOふれあい館だけでなく、山全体で楽しんでみてはいかがですか。(ただし、雪がある場合は、危険ですので、山には登らないでください。)

Share Button

UFO物産館もあって、宇宙食と同じ製造法で作られたスペースフードやUFO関連のお土産が買えるよ

Share Button

UFOふれあい館前の宇宙人メイラは今こんな感じです。でも道路にはあまり雪がない状態です。UFOふれあい館を御利用ください

Share Button

UFOふれあい館に宇宙人がやってきた?

Share Button

福島市飯野にありますUFO物産館のレストランで食べれます。ライスボール『んだんだボール』醤油味110円『ほだほだボール』カレー味もありますよ〜(^O^)

Share Button

UFOふれあい館で初めての和風キーマカレー。キーマキーマしてない優しい旨さ。さすが専門店のお味。また天気のいい日に来よう

Share Button